世界基準の矯正法と矯正装置の選定について

歯科治療の方法は歯科医により様々です。特に保険外の治療においては保険診療のように ルールが有りません。矯正歯科治療でも一部の方を除いて健康保険が適応されませんので、矯正治療の方法も歯科医の考えによって様々です。
当クリニックで採用する矯正法には厳しい採用基準があります。 当クリニックが採用する基準は、世界的に矯正歯科専門医が採用するシステムで、そのために 矯正歯科学会において有用性を実証する研究データーがあるもので、臨床的に実績が報告されている方法で行います。その上で、医療器具として最高のクオリ ティがあるもので、かつ製品のシェアーも高いものを採用しています。世界的に認められた矯正装置と術式であることは、患者様が国内はもとより、世界中のど こに転居されても、一定の医療技術をもった矯正専門医による継続的な治療が受けられるということになります。

【院長が矯正装置について動画で説明しています。】
矯正歯科治療の種類と内容
入れ歯・差し歯・矯正装置お口のトラブル応急処置編

短期間で治療したい・・・→そんな方には、デーモンシステムがおすすめ!

デーモンシステムは、マルチブラケット方式を応用した矯正装置で、特殊な仕組みを備えたブラケットを使用し、ブラケットをワイヤーとの摩擦を限りなく少なくしています。そのため、より弱い力で効率的に、短期間で歯を移動させることができます。また、痛みや不快感が比較的少ないのも特徴です。

デーモンシステムの優れた性能

シンプル

ブラケットはシャッター式開閉となっています。
精密なスライドリリースボタンに弱い力を掛けるだけで開閉が出来るので、ワイヤー交換作業が短期間できます。そのため、患者様の治療時間が短縮されます。

スピード

直接ワイヤーを縛り付けないので摩擦が少なく、優しい力で歯の移動が可能です。それにより早さと確実なコントロールを実現します。

コントロール

ブラケットは唯一4つの固い壁を持つブラケットです。ワイヤーを固定する従来の手法や押さえつけるスプリングがないので、それぞれの症状において歯を確実にコントロールできます。

快適性と口腔内の衛生

他の歯列矯正装置と異なり、非常に滑らかで人間工学に則っています。食物を残さない形状と残渣が溜まる結紮(縛り付け)が無いことが組み合わさり、清潔で快適なブラケットです。

デーモンシステムのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 弱い力で歯を移動させるため、痛みが少ない
  • 治療期間の短縮が期待できる
  • あらゆる症例に対応可能
  • メタルブラケットほど目立たない
  • 治療費が比較的高額になる
  • 通常の装置よりも厚みが出る

目立つ矯正装置は嫌だ・・・→そんな方には、目立ちにくいデーモンクリアシステムがおすすめ!

オーソドックスなメタルの矯正装置には、目立ちやすいと抵抗を感じる方も少なくありません。その問題を解決できるのが、クリアタイプのデーモンシステムです。新世代の透明なコンポジットレンジと高品質なステンレススティールの組み合わせによって、患者様の審美的な要求に応えます。もちろん臨床性能が最優先ですが、審美性も重要です。性能も今までになく優れています。

例えば、モデルさんや接客・営業などで人と接するお仕事をされている方、見た目を重要視している方には、目立たない矯正装置が好まれています。また、成人式や結婚式など人生の節目となるイベントや写真撮影を間近に控えている方、こういったときに装置の見た目を気にせず、素敵な笑顔で楽しみたい方に目立たない矯正装置がおすすめです。ワイヤーもクリアにすることができるので、実際に装置を付けたまま結婚式を迎えられた患者様もいらっしゃるほどです。

人に気付かれたくない・・・
→そんな方には、歯の裏側に付けるマルチリンガルシステムがおすすめ!

こちらの装置は表側からは見えませんので、矯正装置を付けていることを人に気付かれることはほとんどありません。こちらも人と接する仕事をされている方や、結婚式など大切なイベントを控えている方にはおすすめな装置です。

マルチリンガルシステムのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 矯正していることが気付かれにくい
  • 吹奏楽器など、唇に押し付けて演奏する楽器を演奏される方でも無理なく矯正できる
  • 歯の表面のエナメル質を傷つけにくい
  • 治療費が比較的高額になる
  • 表側矯正より治療期間が長くなるケースがある
  • 慣れるまで発音しにくかったり、装置が気になったりすることがある

人前では矯正装置を外したい・・・→そんな方には、プレートタイプ・ポジショナータイプの装置がおすすめ!

プレートタイプやポジショナータイプの矯正装置は取り外しができるのが最大の特徴です。様々な種類のものがありますが、基本的には夜寝ているときに装置を付けて治療するケースが多いため、学校・会社に行くときなど外出時は装置を外していくことができます。

プレートタイプ・ポジショナータイプの装置のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 外出時などは取り外すことができる
  • ブラッシング時は外せるため、固定式の矯正装置に比べて虫歯になりにくい
  • 決められた装着時間を守らないと、効果が得られない場合がある
  • 治療できる症状が表側矯正よりも限定される

ポピュラーな矯正装置→メタルブラケット

メタルブラケットは、矯正治療にもっとも多く用いられるオーソドックスな矯正装置。金属製の装置(ブラケット)を歯の表側に付けて歯並びを整えます。装置が銀色なので目立つという難点がありますが、金属でできているため薄くて丈夫で、他の装置に比べ低コストなのが特徴です。見た目にはあまりこだわらず、治療費を抑えて矯正したい方にはおすすめです。

メタルブラケットのメリットとデメリット
メリット デメリット
  • あらゆる症例に対応可能
  • 治療費がリーズナブル
  • 通院頻度が少ない
  • 銀色の装置が目立つ
  • 金属アレルギーの方には向かない
  • 口腔内に違和感・不快感を覚えたり、口内炎になったりすることがある
  • 慣れないうちは食事や歯磨きがしづらい

当院の矯正装置の特徴

安心して矯正治療をお受けいただけます

患者様ごとに完全密封されたブラケットやワイヤーなどを使用しています。ワイヤーは形状合金のもので優しい力で歯を動かします。

サンディ、ラピッドセット法を採用

患者様への装置の装着は、正確にかつ短時間で行う方法を取り入れています。

カラーモジュールで楽しく

色とりどりのカラーモジュールがあり、季節やファッションに合わせてお選びいただけるので、楽しんで矯正ができます。

メールでも矯正に関するご相談を受け付けています。